自分でできるねずみ駆除の方法とは

subpage-img

ねずみの姿を見かけたり、なにかをかじられるなどの被害が確認された場合には、早急にねずみ駆除や対策を練る必要があります。



この場合、駆除業者に依頼する人も多いかと思いますが、ホームセンターなどで駆除剤などを購入して自分でねずみ駆除を行う方法もあります。


自分でねずみ駆除を行う方法には、バネ式の罠、カゴ式の罠、粘着シート、毒の入った餌などがあげられます。まずバネ式の罠ですが、これはアニメなどに登場することも多い、ねずみが罠にかかると足や体を挟み込むというものです。

実際に使用するとねずみはバネの圧力によって、ほとんどが死んでしまいます。

設置が簡単であり、何度も繰り返し使うことができるアイテムです。
ふたつめのカゴ式の罠は、ねずみをカゴに閉じ込めるという罠です。カゴがある分、設置するにはやや場所が必要になります。



さらにねずみを生きたまま捕まえることになるので、生きたねずみの処理に戸惑う人もいるでしょう。

日本経済新聞の情報が揃っています。

次に粘着シートです。

これは粘着シートをねずみが通るであろう場所に設置し、ねずみが粘着部分にくっつくのを待つというものです。


他のアイテムに比べると、安価に購入することができます。
しかし設置後に時間が経過するごとに、シートに埃がつもり粘着の効果が弱くなり、ねずみがくっつかなくなるという場合もあります。

またこのタイプも生きたまま捕まるため、生きたねずみを処理する必要があります。


最後に毒の入った餌です。
これは市販の毒の入った餌を置いておくという方法です。

簡単に設置することができますが、幼い子供やペットがいる家庭には、十分気を付ける必要があります。

top